三浦米太郎商店のハタハタ寿司

ハタハタ寿司とは

About Hatahata Sushi

魚の保存方法として発酵させて作る「なれずし」の一つです。その歴史は江戸時代から現在まで、ハタハタの美味しさを最大限に活かせる料理として長い間作られ続けてきました。
米や麹、野菜と一緒に漬け込み発行させ、ほどよい酸味と旨味でまろやかな食味が特徴です。

ハタハタを選別するところハタハタの選別昔のハタハタ寿司を作る工程

ハタハタ寿司ができるまで

How to make Hatahata Suhi
洗う

洗う

秋田県にかほ市平沢漁港から仕入れたハタハタの洗浄

塩もみ&塩漬け

塩もみ&塩漬け

粗塩でもみ、三日間塩漬けにする。塩加減は先代が決めた基本量にハタハタの大きさを考慮。

酢水に漬ける

酢水に漬ける

酢と水の漬け込み汁で三日三晩漬け込む。

寝かせる

寝かせる

重しをしてさらに丸一日冷蔵室へ。

漬け込み発酵させる

漬け込み発酵させる

殺菌作用のあるクマザサを敷き、材料をよく混ぜ合わせ冷蔵室で発酵させる。

できあがり

できあがり

ハタハタ寿司の完成です。秋田の伝統食をぜひお楽しみください。

三浦米太郎の
ハタハタ寿司

The Hatahata Sushi made by Yonetaro.

当店の「ハタハタ寿司」は秋田県産のハタハタと秋田県産米を主原料に、昔ながらの伝統を重んじて、紫のり、人参、ゆず、麹等を加え、塩、酢に一ヶ月間漬け込んでおります。
最近は麹の代わりに砂糖を使うところも多いのですが、当店は戦前からの手作りの製法を守り続けております。
秋田が誇る郷土料理「ハタハタ寿司」を是非一度ご賞味ください。