フロントページのイメージ画像
フロントページのイメージ画像
フロントページのイメージ画像

紡がれる伝統の味

10月、秋田の海が灰色の雲に覆い尽くされて雷鳴がとどろく頃、海の底から「鰰(ハタハタ)」が群れをなして上がってきます。県民が最も愛するこの魚を、麹とやさしく漬け込みました。

ハタハタのおつまみ

hatahata-appets

三浦米太郎商店のおすすめ

recommends

三浦米太郎商店のハタハタ寿司

ハタハタは、秋田県でもっとも県民に愛されている魚です。雷鳴とどろく冬の荒海での漁獲の賑わいと、久方ぶりで鮮魚をたらふく食する喜びがあふれているため、昔から鰰魚・神魚・雷魚・波多波多・霹靂魚などと季節感あふれる言葉で表記されてきました。天ぷら・田楽・塩焼きなど煮てよし、焼いてよしの魚で、いろいろな料理法がありますが、ハタハタの寿しと、しょっつるが最高峰とされています。ハタハタ寿しは、昔から秋田県一円でお正月料理にはなくてはならない一品であり、冬の保存食としても親しまれ賞味されてきたものです。
もっと詳しく
三浦米太郎商店のハタハタ寿司のイメージ画像

ハタハタ寿司のレシピ

Recipes